障害の種別や立場、考えの違いを乗りこえ、障害のある人々の社会における「完全参加と平等」や「ノーマライゼーション」の理念を具体的に実現することを目的として、各種事業を全国的に展開しています。

17年1月5日更新

生きたかった 相模原障害者殺傷事件が問いかけるもの

生きたかった

生きたかった
相模原障害者殺傷事件が問いかけるもの


重度障害者のみを狙った史上最悪の事件をどう受け止めるべきか。各分野の専門家と当事者・支援者たちの声を編んだ緊急出版。

藤井克徳・池上洋通・石川満・井上英夫 編
出版社: 大月書店
発行年月日:2016年12月27日
■定価:1,400円+税(送料別)
サイズ:A5判・160頁


◇ 目次
はじめに――黙っていてはいけない
1.日本社会のあり方を根本から問い、犠牲者に報いるために
…藤井克徳(日本障害者協議会代表、きょうされん専務理事)

2.相模原障害者施設殺傷事件に潜む「選別」と「排除」の論理
…福島智(東京大学教授)

3.精神科医の立場から相模原事件をどう見るか
…香山リカ(精神科医、立教大学教授)

4.相模原事件の背景と自治体・国の責任
…石川満(自治体問題研究所理事、日本福祉大学名誉教授)

5.相模原事件の根源を問う――人権保障の視点から
…井上英夫(金沢大学名誉教授、佛教大学客員教授)

6.共生の社会を地域からつくるために
…池上洋通(自治体問題研究所理事、日野市障害者関係団体連絡協議会監査)

正面から向きあい続ける――あとがきにかえて

<コラム>当事者・家族・支援者の声
<資料編>日本国憲法、障害者の権利に関する条約、ほか


◇◆ ご希望の方は ◆◇
ご注文は、本のタイトル、必要部数・氏名・連絡先(郵便番号・住所・電話・ FAX番号・
Eメール)、請求書が必要な際はその宛名を明記の上、 office@jdnet.gr.jpへご注文ください。
なお、TEL・FAXによるご注文もお受けしております。

FAXでのお申込み用紙はこちらから

右【書籍申し込み用紙(PDFファイル)】

〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1 日本障害者協議会
TEL:03-5287-2346 FAX:03-5287-2347

フッターメニュー