障害の種別や立場、考えの違いを乗りこえ、障害のある人々の社会における「完全参加と平等」や「ノーマライゼーション」の理念を具体的に実現することを目的として、各種事業を全国的に展開しています。

17年8月3日更新

中村 敏彦

中村敏彦さんの写真

理事/総務委員長

(一般社)ゼンコロ 会長

 海外でも、わが国でも○○ファーストが多くの支持を集めました。「自分たちを大切にしよう」。このこと自体は否定しません。しかし、「自分たちしか大切にしない」ことにならないようにしなければなりません。自助・互助・共助・公助の考え方は、すべてが整って初めて機能するのです。

 社会保障制度大改革がいよいよ本格化してきました。日本障害者協議会は、障害のある人の権利擁護を基本理念に、様々な課題に取り組むことです。人は、誰もが自分が生きている証を持ちたいと願います。それは「すべての人の社会」の実現によって叶えられるものと信じ、努力していきたいと思います。

                       (なかむら としひこ)        

フッターメニュー