障害の種別や立場、考えの違いを乗りこえ、障害のある人々の社会における「完全参加と平等」や「ノーマライゼーション」の理念を具体的に実現することを目的として、各種事業を全国的に展開しています。

15年12月4日更新

障害者の働く権利を確立するための社会支援雇用制度創設に向けての提言(案)

 日本障害者協議会(JD)社会支援雇用研究会では「障害者の働く権利を確立するための社会支援雇用制度創設に向けての提言(案)」をまとめまし た。
 残された課題もあり、関係各般との意見交換なども視野に実現への道を探っていきたいと考えています。

    「障害者の働く権利を確立するための社会支援雇用制度創設に向けての提言(案)」

  migi「提言(案)」ついての概要(全4ページ)
     テキスト版はこちらから。
 migi障害者の働く権利を確立するための社会支援雇用制度創設に向けての提言(案)(全15ページ)
     テキスト版はこちらから。
 migi障害者の働く権利を確立するための社会支援雇用制度創設に向けての提言(案)資料編(全42ページ)
     テキスト版はこちらから。

 migiリーフレット版(全4ページ)  
     テキスト版はこちらから。
リーフレット


フッターメニュー