障害の種別や立場、考えの違いを乗りこえ、障害のある人々の社会における「完全参加と平等」や「ノーマライゼーション」の理念を具体的に実現することを目的として、各種事業を全国的に展開しています。

17年11月16日更新

障害者権利条約のパラレルレポートJD草案と主な国々のパラレポ・総括所見《JD仮訳》

障害者権利条約のパラレルレポートに関する資料/日本障害者協議会(JD)(2017年9月12日現在)

  http://www.nginet.or.jp/jdprrp/


 この資料は、JDF(日本障害フォーラム)のもとに取り組まれるパラレルレポート作成に向けての資料を提供するものとしてJDの加盟団体に呼びかけた「パラレポ草案」を集めた資料集です。現在進行形でどんどん補充していくものです。

★障害者権利条約と世界の国々…《JD仮訳》
 日本は2014年1月20日、障害者権利条約を批准し、2016年6月、政府は第1回「締約国報告(政府報告)」を国連の障害者権利委員会へ提出しました。日本の審査は、障害者権利委員会の2020年春の会期に行われると予測されます。
 JDF(日本障害フォーラム)では、2019年春にはNGOとしてのパラレルレポートを提出しようと2017年8月に準備会を発足させて討議を始めました。
 JDでは上記のように加盟団体の意見を集約し、2016年と17年の「政策会議」で討議を行なってきました。今回《JD仮訳》を作成し、いくつかの先行国の審査文書(とくにパラレルレポート)を翻訳紹介することとしました。
 翻訳にあたっては障害者権利条約の公定訳を参照しましたが、同時に「アクセス」、「インクルージョン」、「障害のある人」などよりわかりやすい表現も取り入れました。したがって厳密な訳語の統一はしておらず、各訳者の判断による翻訳となっています。
 これは日本のパラレルレポートづくりの参考になるだけでなく、世界の障害者にかかわる政策、実態、運動の最新デ-タとしていろいろな活動や研究に役立つと考えられます。
 訳の誤りなどご指摘いただければ幸いです。見直し、更新していきたいと思います。
 引用する場合には、「JD仮訳による」との注記をお願い致します。

*仮訳ができ次第、順次補充していきます。(2017年11月10日現在)
○ニュージーランド 
 ・事前質問事項後のパラレルレポート(wordファイル) 2014年7月31日
 ・初回報告に関する総括所見(wordファイル) 2014年10月31日

○イタリア
 ・初回報告に関する総括所見(wordファイル) 2016年8月31日

フッターメニュー